ドクター紹介

 平成7年より日本大学医学部 第一外科にて消化器外科・小児外科の臨床及び研究を行ってきました。平成18年 消化器外科勤務を経て、日本大学医学部 救命センタ-の外科系病棟医長、助教として勤務。平成22年1月 医療法人社団青燈会 小豆畑病院長に就任。平成25年4月 小豆畑病院長を退任後、平成25年5月より日本大学医学部 救急
医学講座診療准教授に就任されました。

 大学病院の外科では、胃癌・大腸癌の治療を主に行ってまいりました。研究テ-マも「癌遺伝子」について行い、米国で2年間を同研究生活に費やしました。救急医学に移ってからは、重症急性腹症・腹部外傷を中心に診療及び研究を行い、現在でも大学兼任講師として研究・教育を行っています。

 当病院では、消化器系を中心とした内科・外科診療を行っています。胃癌・大腸癌等の消化器癌の外科手術をはじめ、いわゆる虫垂炎などの手術、腹腔鏡を用いた胆石症などの手術を日常的に行っています。

 又、「日本ヘリコバクタ-学会ピロリ菌感染症認定医」であり、癌の原因とされる「ピロリ菌」の除菌も専門に行っています。加えて肛門疾患の治療経験も多く、当病院外来にて、手術を要しない内痔核(いぼ痔)の治療(結紮法)で80%の患者様が完治しています。

経歴

・ 平成7年 日本大学医学部卒業
・ 平成11年~平成13年 米国アイオワ大学 医学部 リサ-チフェロ-
・ 平成14年 日本大学医学部大学院卒業(「癌遺伝子の研究」)
・ 平成22年4月 日本大学医学部 救急医学講座兼任講師・日本歯科大学 外科学講座兼任講師
・ 平成25年5月 日本大学医学部 救急医学講座診療准教授に就任
・ 平成28年4月 医療法人社団 青燈会 小豆畑病院長に就任

学会賞

・平成16年 平成15年度日本小児外科学会 優秀論文賞(「胆道閉鎖症と肝細胞がんの研究報告」)
・平成20年 第36回日本救急医学会総会 準優秀演題賞(「重症急性膵炎の集学的治療」)

担当診療科目

一般内科
消化器内科
ヘリコバクタ-外来
外科

特化した治療・手術

PEG・PTEGについて
いぼ痔の外来治療